AS Enclosure S2




世界最小ミドルタワー。ニュージェネレーションATXケース、AS Enclosure S2。

足元からデスク上へ。 足元からデスク上へ。
当たり前のように足元に置かれてしまうミドルタワーの宿命は、その高さに理由があります。420〜450mmという一般的なミドルタワーの全高は、モニターと並べた際に、前方の視野を狭め、ストレスを感じずにはいられません。全高369mmのAS Enclosure Sシリーズはミドルタワーでありながら、現在のPCのスタンダードとも言える17インチ液晶モニターとほぼ同じ高さにおさめることで、ストレスを低減し、マシンのホームポジションを足元からデスク上へ移動させます。


流麗なラウンドシェイプ。
精悍でダイナミックなCカットデザインを採用するAS Enclosure S1に対して、心地よい丸みを帯びたコーナーのデザインが特徴的なAS Enclosure S2。フロントフェイスからサイドパネルへ続く流れるようになめらかなラウンドシェイプは、アルミ特有の豊かな面の表情と相まってエレガントで優しい印象を与えてくれるばかりでなく、見る角度によってはAS Enclosure S1を凌ぐ存在感をも与えてくれます。
流麗なラウンドシェイプ。
このページの先頭に戻る 次のページ